キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 住宅金融支援機構の任意売却 : 宮城の任意売却コミュニティ

住宅金融支援機構の任意売却

宮城の任意売却コミュニティ

Google

宮城で住宅金融支援機構の不動産ローンを組んだケースの任意売却、売却契約成立までの流れと手順

住宅金融支援機構の任意売却

宮城の住宅金融支援機構でローンを組んだ人が任意売却の手続きを取る際には、申出書を提出することになります。

この申出書を見ればわかりますが、自分の名前と押印があれば通るというものではありません。

任意売却を予定している不動産を共有している場合には共有者の、連帯保証人がいれば連帯保証人の全員の名前と押印を記入する欄があります。

この場合の共有者が離婚した元パートナーや音信不通の共同経営者である場合には、押印をもらうことが困難なケースもあるかと思います。

申出書を提出できないと任意売却の手続きが進行しないため、あらかじめ連帯保証人や共有者には連絡をとって、宮城の不動産を手放す準備をしていることを伝えておきたいところです。

住宅金融支援機構の任意売却では、まず自分が不動産仲介業者を決める必要があります。

任意売却の申出書も合わせて作成します。

次に不動産業者による物件調査があります。

これによって価格査定書を作成します。

これをもって売り出し価格を決定することになります。

売り出し価格は住宅金融支援機構の同意が必須です。

無確認のままの価格では、たとえ買い手がついたとしても抵当権抹消に応じてもらえないので事実上売買は難しくなります。

物件売却では不動産仲介業者とは専属・専任媒介契約になります。

売買に際しては買い手が決まると抵当権抹消ができるかどうかの審査が行われます。

問題がなければ売買契約を結び、抵当権の抹消書類を受け渡すことになります。


Copyright (C) www.topcostumeshops.com. All Rights Reserved.